お肌の細胞分裂を活性化し、皮ふを生まれ変わらせる成長ホルモンは日中の勉強などの活動している最中には出ず、日が暮れてからゆったりと身体を休めくつろいだ状態で分泌されると言われています。

例を挙げれば…あなたは今、このサイトを眺めながら頬杖をついているかもしれませんね。
実はこの姿勢は手のひらからの圧力をフルにほっぺたに伝えて、肌に対して大きな負荷をかけることに繋がっているのです。

アイラインやマスカラなどのアイメイクを落とすときによく落とす目的でゴシゴシとクレンジングした場合、皮膚が傷んだり発赤などの炎症を起こして色素沈着を招き、目の茶色い隈の元凶となるのです。

UVを浴びたときにできるだけ肌のダメージを抑える方法は3つ。